不妊治療の費用や男性不妊について学んで望みに望んだ子供を待つ

子供ができにくい人でも治療で解決できる

使い方を知る

排卵検査薬の使用方法

結婚したら、誰もが子供が欲しいと願うものだと思います。しかし実際に妊娠のタイミングがいつなのかは個人差もあるので、妊娠希望者はいろいろと調べないといけません。まずは普段から朝起きたら検温をして基礎体温を付けて自分の生理周期を確認します。そして排卵日がいつなのか基礎体温を付けていると予測できます。その際に排卵検査薬というドラッグストアで販売しているものを使ってさらに排卵日を特定することもできます。排卵検査薬の使い方は、個人周期によって違うので平均的な場合生理開始日から数えて6日目から検査を1日1回測定します。排卵検査薬のスティックに尿を3秒間かけるか紙コップの場合は5秒間つけて1分間待ちます。そして毎日測定していくと排卵検査薬の陽性反応を示すラインが出たら排卵日になります。

検査薬の平均的な値段

排卵検査薬を使ってすぐに妊娠すればいいのですが、やはり少なくても2、3ヶ月ぐらい同じことの繰り返しです。排卵検査薬も何回か購入しなくてはなりません。排卵検査薬は一箱に5本から10本入っています。多くのメーカーから販売していますが、だいたい金額は2500円から3000円前後です。1本当たり400円前後が相場です。一箱にたくさん入っている方がお得です。排卵検査薬は日本製と海外製があり、特に海外製は安いです。特に操作は変わりないのでリーズナブルにしたい方はこちらがお勧めです。しかしご不安な方や初めて使用する場合は日本製を使ってみるのもいいかもしれません。慣れてきたら海外製を使っていく方法もあります。