不妊治療の費用や男性不妊について学んで望みに望んだ子供を待つ

子供ができにくい人でも治療で解決できる

自然妊娠に苦労したら

なかなか自然に妊娠できない場合

最近、不妊に悩んでいる人の間では不妊治療が一般的になってきています。有名芸能人も不妊治療を公にする時代ですから、不妊治療に前向きな人が増えているのも当然ですね。不妊治療を受ける人の多くが気になるのは、治療内容と費用だと言われています。不妊治療は、まず男性女性の両方が検査を受けることから始まります。検査は保険が適応され、男性の場合は5000円ほど、女性の場合は初診検査費用が1万円強ほどになります。女性の場合は検査項目が多く、血液検査などから始まり、排卵確認、子宮卵管造影やホルモン負荷試験など項目が多く、すべての検査を終了するのに1ヶ月ほどかかります。子宮の状態に問題がなければ、不妊治療のスタートとなります。

不妊治療のステップと費用

一般的に不妊治療は治療に段階があり、ステップが上がるほどに妊娠確率が上がります。しかし、それとともに費用も比例して上がるのが特徴です。不妊治療は、排卵日の前後に性交渉を行うタイミング療法、精子を子宮又は卵管に送る人工授精、受精させた卵子と精子を子宮内に戻す体外受精の順にステップが上がります。タイミング法は保険治療の対象となりますので、費用はそれほどかかりません。人工授精は自費となり、一度に1万5千円ほどの費用となります。体外受精は妊娠確率の高い治療ですが、費用は一回20万円以上となり、決して手頃とはいえません。しかし、人口受精にはある一定の条件を満たせば、費用の一部を助成してくれる制度もあります。